ワキ毛処理

ワキ毛処理をすると体臭が臭くなるは本当?

ワキ毛処理をすると体臭が臭くなるのは、本当でもあり、本当でもありません。

本当でもある理由は、ワキ毛処理を毛抜きですると、体臭が臭くなることがあるからです。

 

どうして、抜くと体臭が出てし合うのか?

どうしてかというと、毛抜きで毛を抜くときに(手で毛を抜いても同じです)、毛穴や毛根に強い刺激を与えるからです。

この強い刺激が、わきがの原因の「アポクリン腺」の働きを強めるので、臭いがするようになるのです。

これが「ワキガ」の正体でもあります。

 

なので、ワキ毛は抜くのはNGで、剃ることをおすすめします。

また、ワキ毛の処理がうまくできていなくて、毛穴が詰まってワキにニキビができてしまうこともよくあります。

その場合はその部分の毛を抜いて、膿を出して、乾燥した状態にしないといけません。

 

そしてもう一つ、毛穴に脂肪分が詰まることもあります。

ニキビも毛穴に脂肪分が詰まった場合も、ちゃんとケアをしなければ、その部分が酸化して、臭いを出すことがあるので気をつけてくださいね。

 

予防すれば、ワキ毛処理をしても臭いが出ない!

体臭が臭くなるというのは本当ではない理由は、ワキ毛処理をして、ワキを清潔に保つことによって、体臭が予防できるからです。

冬の間は、服に隠れてワキが目立たないので、ワキ毛処理をしない女性がいます。

でも、冬は部屋の暖房や保湿性の高い服などで、ワキに熱がこもることはよくあります。

 

そのときに、ワキ毛は、ワキの汗がカラダに流れ落ちるのを防ぐ、という役割をするのですが、

逆にこの役割は、ワキ毛に汗を貯める、ということにもなってしまいます。

そして、その結果、臭いの原因となる菌がワキに繁殖しやすくなって、体臭が出やすくなるのです。

 

なので、ワキ毛処理をきちんとすることによって、体臭が臭くなるのを防ぐことができます。

ワキ毛処理は年中して、清潔に保つことが大切ですね。

-ワキ毛処理

© 2021 vio脱毛エステ医療.net