ワキ毛処理

ワキ毛処理で多いトラブルには何がある?

少しのワキ毛でも女性として気になるので、キレイに処理したいですよね。

ここでは、ワキ毛処理で起こるトラブルについてご紹介していきますね。

 

【1番多いトラブル】毛抜きでの処理はやめて!

ワキ毛処理を自分でしている女性は、毛抜きやカミソリで処理をしている女性が多いです。

毛抜きでのワキ毛処理で多いトラブルは、埋没毛という毛が残ることです。

毛が皮膚の中に埋没してしまうので、脇に黒い小さなブツブツがあるように見えます。

 

かさぶたなどで毛の出口がふさがれるので、皮膚の内側で毛が成長したり毛が出てこれなくなったりします。

その結果、毛穴が黒いブツブツのように見えてしまうのです。

 

埋没毛を処理するには、時間がかかるし、切開して埋没毛を処理しないといけないこともあります。

皮膚の内側で、ドクロを巻くような埋もれ毛ができることもあります。

また、毛を抜く刺激の繰り返しで、色素沈着になり、脇が黒ずむトラブルもあります。

 

カミソリでワキ毛処理をするときの注意点!

カミソリで処理をしている場合は、カミソリ負けでかゆくなる、というトラブルが多いです。

数日でかゆみはおさまっていきますが、掻きすぎたりすると、更にひどくなることもあります。

 

また、カミソリで剃る場合は、角質が厚くなってしまい新しい毛が生えてくるときに、ブツブツが目立つことが多いです。

毛が生えてくると、ブツブツは目立たなくなりますが、毛が生えてくればまた剃るので同じことの繰り返しになります。

 

 

カミソリでも黒ずみには注意!

また、カミソリでもワキの黒ずみができるときがあります。

カミソリで、脇を刺激することが、黒ずみ(色素沈着)の原因になります。

 

ちなみに、ワキ毛が濃い場合は、剃ってもあまりキレイにならないので、剃り跡に悩んでいる女性も多いです。

以上のことから、ワキ毛処理で多いトラブルは、埋もれ毛、黒ずみ(色素沈着)、かゆみ、のトラブルが多いということになりますね。

>>ワキ毛処理で致命的な、黒ずみ対処方法は?実は2パターンあった!

>>ワキ毛処理後「かゆい」何がダメだったのか?原因はこれだった!

-ワキ毛処理

© 2021 vio脱毛エステ医療.net