ワキ毛処理

ワキ毛処理をした後「かゆい」何がダメだったのか?

ワキ毛処理をした後に「かゆい」場合は、カミソリでワキ毛を剃った後によくあるトラブルです。

ワキ毛処理をカミソリですると、どうしてかゆみが起こるのか説明していきますね。

 

処理後のかゆみの原因は?

カミソリでワキ毛を剃ると、剃ったときに、カミソリの刃によって、肌を傷つけたり、肌に刺激を与えてしまいます。

そして、ヒリヒリしたりかゆくなったりするのです。

これは、「カミソリ負け」と呼ばれています。

 

カミソリ負けすると、そこから雑菌が入ったりして、ブツブツとした赤い発疹ができて、さらにかゆみを生じることもあります。

肌の強い人や弱い人によって、カミソリ負けの個人差はありますが、特に肌が乾燥している人はカミソリ負けをしやすくなります。

 

ワキ毛処理後のが重要!

ワキ毛処理をした後は、肌が乾燥しやすいので、どんどんと肌が乾燥していくという悪循環に陥りやすいのです。

カミソリ負けをして、かゆみが出ると新しい毛が生えてきたときに、ワキ毛処理をするのも辛くなってしまいますね。

 

カミソリ負けによるかゆみの対処方法には、市販の薬で対処する方法があります。

乾燥のみのかゆみの場合は、ワセリンを塗るとかゆみが落ち着きます。

かゆみに赤みを伴っている場合は、オロナインなど軟膏を塗るといいでしょう。

 

かゆみがひどいときは、皮膚科に行って相談してくださいね。

 

かゆみが起こらないようにするには?

ワキ毛処理をするときに、かゆみが起こらないようにするには、カミソリの刃をまめに変えたり、フォームなどを使って剃るときの滑りを良くしたり、保湿をしっかりすることが大切です。

それから、安全カミソリよりも、電気カミソリのほうが、肌にかかる負担が少ないので、電気カミソリを使用するのをおすすめします。

ちなみに、電気シェーバーを使ってワキ毛処理をする人も、カミソリ負けと同じような症状になって、かゆみが出る人もいます。

>>今日からできる「きれい」にワキ毛処理するために必要なものとは?

-ワキ毛処理

© 2021 vio脱毛エステ医療.net